職業訓練校を考えている人へ/お金を貰いながら資格が取れる

スポンサーリンク
職業訓練 雑記

こんにちは!

この記事は

会社を辞めようとしている方
会社を辞めた方
働く意志のある方
お金を貰いながら資格の勉強をしたい方

などが職業訓練という選択肢を考えた時に、

職業訓練ってどんなことするの?実際どうなの?いくらくらい貰えるの?

という疑問に対して、筆者の職業訓練の経験が少しでも読んで頂いている方の疑問を取り除けたら幸いです

職業訓練とは

職業訓練とは、さまざまな訓練を受けながら就業をサポートしてくれる公的制度です

訓練っていうと厳しい感じがするのですが、訓練校というくらいなので、学校をイメージして頂ければだいだい合ってます

正式には「公的職業訓練」といい、「公共職業訓練校」は全ての都道府県に設置されています

職業訓練と言っても、求職者向けや在職者向けなどがあるのですが、今回は求職者向けをご紹介いたします。

「公的職業訓練」には

【公共職業訓練】雇用保険の受給資格のある求職者のための制度

・雇用保険(失業保険)を受給しながら受講できます

【求職者支援訓練】雇用保険の受給資格のない求職者のための制度

・一定の要件に該当すれば「職業訓練給付金」(職業訓練受講手当=月額10万円)が受給しながら訓練を受講できます

他にもありますが、一般にこの2つが職業訓練と言われるものだと思います

訓練コースは3ヶ月~2年の各種科目があり、受講は無料※テキスト代はかかります

どうすれば職業訓練を受講できるか

管轄の公共職業安定所(ハローワーク)に行くと資料が置いてありますが基本は下記の流れだと思います

職業訓練
管轄のハローワークに
求職の申し込み
職業訓練受講について相談
※希望者へ職業訓練コース説明会実施
受講申込書の提出
入所選考(筆記・面接)
受講に関する説明・手続き
入所・受講開始

3番の説明会ですが、行くコースが決まっていれば行かなくても大丈夫だと言われていますが、内容は重要なので行くことをおススメします(‘ω’)

面接や試験

面接

面接は一般企業と似ているかもしれません

  • 就職への意欲があるか
  • 真面目に訓練校へかよえるか
  • 何故訓練校を利用するのか

などが一般的に聞かれます

※面接は私服もOKとなっていますが、スーツで行った方が無難ですよ

筆記試験

  • 掛け算や割り算などの計算問題
  • 中学生レベルの国語の漢字問題
  • 危険予測の問題

このあたりが出題されました

職業訓練校は、修了後の就職率などにこだわっているので、真面目で就業意欲のある人じゃないと合格しないと思われます

なので訓練を受けた後などの具体的な事柄を面接で答えられれば、なお合格できる確率が上がるでしょう

職業訓練にはどのような訓練があるか?

時期や各都道府県、近くの訓練校などの場所にもよって異なりますが

学べる系統(ジャンル)

  • IT・パソコン
  • 現場系(溶接や配管・電気工事など)
  • 医療事務
  • 営業・販売・事務
  • 経理

などなど本当に様々なジャンルの訓練を行っていますので、自身の管轄のハローワークをのぞいてみて下さい

職業訓練中に雇用保険(失業手当)などはどのくらい貰えるのか

正直筆者はよく仕組みを理解してません(;’∀’)

ので実際に筆者が受給した金額を紹介いたします

自主退職だったので、普通は最大3ヶ月しか雇用保険(失業手当)が受給できないのですが、職業訓練を行っている間は受給できるのです!

なので私は6ヶ月コース受講していたので、その期間中ずっと受給していました

その6ヶ月間受講していて、最大もらったのが

  • 基本手当 162,037円
  • 受講手当 10,500円
  • 通諸手当 11,450円

合計 183,987円

働かずに勉強してこの価格貰えるって...行政万歳です!(^^)!

職業訓練を受講してみて感じたこと

私は【建築CADサービス科】という職業訓練を受講しました

良かったこと・ダメだったことを書いていきます

良かったこと

  • 休みが豊富
    基本土日祝日が休みで、お盆やGWなど受講期間中にあればそこも休みです
  • 資格試験のサポートをしてもらえる
    その科に沿った資格ならば、対策や問題集などある場合が多いので、先生もサポートしてくれます
  • 授業が楽
    受講してみて感じたが、私が選択した【建築CADサービス科】は授業が楽でした。課題を授業中に行うのですが、一番遅い人に合わせて行うので、早く終わった人は何をしててもOKでした
  • 雇用保険(失業手当)が充実
    上記でも書きましたが結構貰ってました!(筆者的にはですが)
  • 個別でいつでも就職の相談に乗ってくれる
    予約はしなくてはいけないのですが、時間は有り余りますので大丈夫です
    就職に必要な履歴書や職務経歴書・エントリーシートなどの手助けもしてくれます

ダメだったこと

  • コースによっては楽すぎて就職したくなくなる
    簡単な授業・土日祝日休み・9~16時で終了
    こんな楽な仕事ないですよってくらい楽で、筆者の友達も言ったのですが、あれは人をダメにするところだとも言ってました(笑)
  • 一番遅い人に合わせるので、早い人は手すきの時間が多い
    筆者は一番早い方だったので、訓練期間中は手すきの事が多く、選んだコースとは関係ない宅建の資格を勉強していました!
    先生によっては手すきの時間は遊んでいても見逃してくれていたので助かりました
  • 自分がピンポイントで学びたいことをやるわけではない
    筆者が受けた【建築CADサービス科】みたいなところは
    ・建築関係 ・CAD ・販売の心構え ・簿記 ・インテリアデザイン
    など6ヶ月しかないのに多ジャンルの勉強をしていたので、一つ一つの中身が薄かったです
    ちなみに筆者は建築関係や簿記について学びたかったのですが、その二つだと時期的にこの科しかありませんでした(;^_^A

最後に

筆者は最後の最後まで就職が決まらずに訓練修了しました(怠けてました)

がそのあとも個別で応援して頂き、無事就職出来ました

就職率を上げたい訓練校側と就職をした受験者側のWin-Winの関係で協力して頂けました

興味のある人は是非ハローワークに相談してみて下さい!

では(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました