知識がなくても宅建士試験は合格できる!無知識から合格までの道のり!

スポンサーリンク
宅建合格 雑記

ご覧いただきありがとうございます。ブログ初心者わたぼんです(^^♪

自分に価値を付ける為に

なんか資格でも取ろうかなぁ~

と悩んだ時に、候補に入る宅地建物取引士(通称=宅建士)ですが、いざ挑戦してみようと思って書店などで関連書籍を見ると”無理”って思ってしまうくらい、小難しい事が書いていて諦めたことありませんか?

私も同じでした!

ですが、いざ勉強を始めてその年の試験を受けたら

半年後の試験で一発合格できたのです

この記事ではそんな初心者で無知識で経験もない私がどういった勉強法などで一発合格できたかを紹介いたします。

初心者でも取りやすいと言われる宅建士の合格率&合格点

宅建の資格は誰でも受けられる国家資格で、建築関係や不動産管理関係の転職や就職に役立ちます

合格率も15%前後、100人受けて15人は合格

しかも受験者の中には、建築関連の部署の公務員や、不動産関係で働いてる人など、会社から試験を受けろと言われて勉強もろくにせずに受験している人も多数いるそうです

試験はマークシート方式

50点満点中31~37点くらいとれば合格できる
※年によって合格点数が異なります

宅地建物取引士とは

定義
宅地建物取引士とは、試験に合格し、試験を実施した都道府県知事の資格登録を受け、かつ、当該知事の発行する宅地建物取引士証の交付を受けた者をいいます。

宅地建物取引業免許との関係
宅地建物取引業者は、その事務所その他国土交通省令で定める場所ごとに、事務所等の規模、業務内容等を考慮して国土交通省令で定める数の成年者である専任の宅地建物取引士を置かなければならないとされています。

宅地建物取引士の業務
宅建業法第35条に定める重要事項の説明、重要事項説明書への記名押印及び同第37条に定める書面(契約書等)への記名押印は、宅地建物取引士が行う必要があります。

一般財団法人 不動産適正取引推進機構HPより引用

なんか難しい事書いてありますが、身近なのは、一般的に家を借りるとき契約について説明ありますよね?

それはこの資格持ってる人じゃないとしちゃダメってことです!

宅建士 試験実施時期&費用

 6月 実施告知
 7月 申し込み開始
 8月 試験会場等通知の送付
 10月 宅建試験
 12月 合格発表

受験手数料は7,000円

試験は毎年1回、10月の第3日曜日

合格発表は12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日に、都道府県ごとに発表

宅建試験 初心者・無知識で合格した勉強方法&勉強時間

私は本当に何にも知識がなかったので、ユーキャンに頼りました(;^_^A

確かにユーキャンだと充実したテキストや、テスト添削などもありましたが金額が高い!

63,000円もするんですΣ(゚Д゚)

当時無職だった私にはきつかったです(笑)

後になってわかったのですが、意外とユーキャンのそういう教材ってオークションとかで売られている事が結構あるんですよ!

そっちだと20,000前後なので、それでもよかったかもしれないです(;’∀’)

勉強法としては、ユーキャンの場合テキストが

・権利関係

・宅建業法

・法令上の制限、税・その他

6冊くらいあったのですが

1.各テキストを読む(一冊ずつ)

2.それに付随している過去問を行う

3.間違た問題の答えを調べる

4.次のテキスト

これを一度テキスト全部行った後は、ひたすら過去問をやって間違た問題の答えを調べるの繰り返しです

ちなみに過去問は、【宅建 過去問】とかで検索すると出てきます(笑)

学習時間は毎日30分から1時間くらい

テスト前の二週間くらいは、一日2時間くらいやってました(*_*)

さぼったりは...結構しました(笑)

まぁ~合格できたので大丈夫です?

最後に

合格できたので良かったのですが、結果から言えば現在なんの関係もない業種で働いています

ですが、転職活動を行った際に宅建を持っているということが意外にも評価されます

簡単といわれながらも、しっかりと勉強しなければならないことを面接担当者が知っているからではないかと思われます

ある程度の勉強時間は必要なので、転職を考えている人は、しっかりと将来を考えて取得することをおススメ致します

私みたいにせっかく合格して、何の役にも立ててないと、周りから

もったいないね~

てよく言われるので注意しましょう(笑)

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

では(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました