【書評】「やめる」習慣 悪い習慣を辞める為に読むべき一冊 Part1

スポンサーリンク
自己啓発本

この記事では、悪い習慣をやめる為に必要な知識を紹介していきます。

突然ですが、やめたいのにやめられない習慣はありませんか?

例えば⇒
たばこ・無駄遣い・ネットサーフィン・食べすぎ・夜更かし・ネガティブなど

習慣になっていて、口が寂しくてたばこを吸ってしまったり、誘惑に負けてお菓子を食べすぎたり、寝なきゃいけないのにSNSが気になったりしちゃいますよね?

その悪い習慣を改善してくれるのが「やめる」習慣です

「やめる」習慣を身に付けることで、悪い習慣がなくなり、人生が少しずつ良い方向に向かっていきます

そもそも習慣とは

人間って日常でどのくらいが習慣になっていると思いますか?

なんと40%以上ですΣ(゚Д゚)

寝ている時間を8時間として、残り16時間のうち、6.4時間は習慣=いつも通りに行動していることになります。

私たちが生きてる間の多くの時間を占める”習慣”

その”習慣”の中で悪い習慣を良い習慣に変えられたら、人生少しは良い方向に向くと思いませんか?

こんな風に言葉で言われただけだとあまり響かないと思うので、悪い習慣とは日常のどんな事か、またどんなデメリットがあるか紹介していきます

悪い習慣のデメリット

筆者の独断と偏見ですが悪い習慣のデメリットを2つ紹介していきます。
特にお金と時間については重要だと考えているので、その点を重視して書いてみました。

たばこ
⇒耳にタコだと思いますが、百害あって一利なしです。健康への害もそうですが、最近は世間の目も厳しくなり、たばこを吸うのは悪!的な雰囲気になっています(-_-;)
なりより一番のデメリットが金銭面です。一日1箱500円で一年365日、20歳から80歳までの60年間吸ったとすると、1095万円かかります...Σ(゚Д゚)

ネットサーフィン
⇒まずは金銭面ですが、目を酷使することで、元々裸眼で大丈夫だった人は視力が悪くなり、メガネやコンタクトを常用。月に5000円程度の出費
ネットサーフィンは特に自分に有益ではない情報を調べるのが常習化しています。一日2時間365日している場合でも、20年も同じことを繰り返していると約2年分時間を無駄にしていることになります

なぜ悪い習慣は辞められないのか?

よくこんな感じの人周りに居ませんか?

  • 「辞めようと思えばいつでも辞められる」と豪語している人
  • 三日坊主
  • 辞めたと思ったら、気付けばまたやっている

私もです(;^_^A

実は習慣には≪習慣引力の法則≫というものがあり、脳が習慣の変化に抵抗して、現状を維持しようと働くらしいです

科学的に証明されているなら辞められなくても仕方ないなぁ~

など思ったそこのあなた!ちゃんと悪い習慣を辞める方法があるので安心してください(^▽^)/

これから順に説明していきます

習慣の分別

まずあなたが辞めたいことは何ですか?

まずは下記の図をご覧ください

レベル1:行動習慣 期間:1ヶ月
例)ネットサーフィン、無駄遣い、先延ばしなど

レベル2:身体習慣 期間:3ヶ月
例)夜更かし、食べすぎ、飲みすぎ、たばこ

レベル3:思考習慣 期間:6ヶ月
例イライラ、クヨクヨ、完璧主義
※マンガでわかる「やめる」習慣P53から引用

上記の図でわかる通り、辞めたい習慣によって、辞めるまでの期間が異なります
自身の辞めたい習慣がどれに当てはまるか考えてみましょう

そして初めてからも辞めたくなる期間があり、それをそれぞれ≪禁欲期・無気力期・安定期・倦怠期≫と紹介しています

少し長くなってしまったので、続きに興味あるかたはこちら⇒悪い習慣を辞める為に読むべき一冊「やめる」習慣 Part2

以上!

では(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました