【書評】「やめる」習慣 悪い習慣を辞める為に読むべき一冊 Part2

スポンサーリンク
自己啓発本

前回のPart1では、やめる習慣の知識部分を説明しました!

今回はPart1の最後に出てきた≪禁欲期・無気力期・安定期・倦怠期≫をそれぞれのフェーズを紹介していきます

やめる習慣ロードマップ

フェーズ1:禁欲期

いわゆる三日坊主の部分ですね

やめよう!と頭で思っても、いざ”やめたい”と思う行動を目の前にした時に欲望に勝てずに、誘惑に負けてしまいやすい期間です・・・悲しきかな人間の欲望ツヨシΣ(゚Д゚)

フェーズ2:無気力期

三日坊主をなんとかノリっ切った状態なのですが、その名の通り無気力になってしまう期間です

無気力の期間って何?って感じですよね?何かを我慢したときにこういう事ありませんか?

「あれ?なんでこんな思い(我慢)までして、俺辞めようとしてるんだっけ?」みたいな!

これが無気力期です

フェーズ3:安定期

一定期間やめていられたので、自分はもうやめられたんだと安心してしまう期間です

実際にはまだやめていないので少しでも気を抜くと、やめていた習慣が戻ってきます(;’∀’)

フェーズ4:倦怠期

この時期に来たらゴールはすぐそこです

ですが、この時期に次のやめたい習慣や刺激を取り入れないと、マンネリ化して飽きてしまいます

やめる習慣を身に付ける為の方法

最初の一歩は小さく始める

いきなり明日から
・たばこをやめる
・間食をしない
・脱SNS

などと言われても本当に最初の一日しか持たないでしょう

なので最初は小さな目標から達成していきましょう

・たばこだったら、吸う量を1日/1箱⇒1日/半箱
・間食だったら、食べる袋数を1日1袋⇒1週間/2袋
・脱SNSだったら、観る回数を1日/20回⇒1日5回
にしてみましょう

始めて続けることが大事なので、一気にやめようとはせずに、少しづつ歩んでみよう!

骨太な理由を考える

今回は具体的にたばこをやめたいという例をとって考えてみましょう

  1. 危機感⇒続けていると起こりうること
    ・続けてたらガンになる確率が増えて、家族を残して先に死ぬかもしれない
    ・たばこの匂いで周りから変な目で観られたり、異性から嫌われるかもしれない
  2. 快感⇒短期的に得られること
    ・完全にやめられると、たばこを吸えないことからくるイライラが無くなる
    ・たばこを吸っていた時間をやめることで他の時間にあてられる
  3. 期待感⇒将来に期待できること
    ・健康になる
    ・お金が貯まる

たばこに関しての危機感・快感・期待感を上げてみました

やめたいと思った時にはその習慣をやめることで起こり得る、最大の効果を想像して習慣化を目指していきましょう

例外ルールを作る

「そんなこと言ったって上司からの誘いとか、友達との付き合いとかいろいろあるじゃん」

という声が聞こえてきそうなので、例外ルールの紹介をしましょう

その名の通りですが、やれなかった時のルールを作っておきます

例)食べすぎをやめたい場合の例外ルール
職場や友達との飲み会や結婚式などの祝い事で食べなきゃいけない時は、食べた分翌日以降少し摂取量を減らす・食べた分運動をする など

大事なのはしっかりと自分が守れそうなルールを明確に作り、実行する事です

やめる習慣を身に付けるための方法:結論

マンガでわかる「やめる」習慣を読んでみて、身に付ける為の結論

・・・根性(;゚Д゚)

読んでみて感じたのですが、結構精神論的な部分が多い気がしました

ですが、習慣というものの知識をしっかりと身に付け、行動していけば辞められるようにも感じました

この世の中で怖いのは、知識がない事です。

何をするにも知識は大事だと思うので、この記事も少しでも見て頂いている皆さんの役に立てればと思います

以上

では(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました